母の死をきっかけに復縁しました

私は40歳過ぎに女房と離婚しました。ちょうどその頃、勤めていた会社が傾き、多くの従業員と一緒に、私もリストラを迫られました。
仕方なく、退社しましたが、40歳を過ぎて就職口はなかなか見つかりませんでした。専業主婦であった女房もパートに出るようになりました。
子供が居なかった事もあり、失業保険が切れても、預貯金を取り崩しつつ生活は何とかやれていました。しかし、私にも、女房にもなかなか就職先が見つからないイライラが募り、ちょっとした事でも口喧嘩が耐えないようになりました。
そしてとうとうある日、口喧嘩がエスカレートし、初めて離婚が女房の口を突いて出ました。私も、かっとなり離婚を口にし、お互い引っ込みがつかず、とうとう別れてしまいました。
それから半年後、私もようやく就職する事が出来、精神的にも落ち着きを取り戻しました。そんな頃に、母が病に倒れました。入退院を繰り返し、1年ほどしてとうとう他界しました。癌が転移し、最後は手の施しようがない状態でした。
一人っ子であった私が喪主として葬儀を執り行いました。数少ない親戚に連絡を入れる際、元女房に知らせるべきか迷いましたが、母と女房は比較的気が合い、本当の親子のような関係でした。この事を思い起こすと、やはり知らせざるを得ませんでした。
元女房は、通夜に駆けつけた時、なぜ元気な内に知らせてくれなかったのかなじりました。そして、お寺さんが帰られ、参列者もいなくなって、2人きりで母の棺を前にして、夜を過している時、別れてからの3年のお互いの生活を語り合いました。
お互い、かっとなって別れた事が軽率だったと、反省の弁もポツリポツリと語りました。四十九日の法要も、お墓への納骨も、2人だけで行いました。他界した母が、2人にやり直す様に、背中を押してくれているように感じました。
もう一度、やり直してみようと、お互い思い始めています。

別れた方がいいのはわかっている・・・
それでも大切な人を諦められない方へ・・・

fukuen

正直、復縁はとても忍耐力がいりますし、時間もかかります。

よく恋愛と復縁を一緒に考えてしまう方が多いのですが、はっきりいって恋愛と復縁は別のものです。

恋愛は相手をはじめて好きになる行為ですが、復縁は一度好きなた相手をもう一度振り向かせる行為です。

いくら気持ちを伝えたところで、あなたの事を知っている彼には響くものも響くわけがありません。

新しい恋を探した方が楽ですが、彼に新しい彼女ができてしまう恐怖心を抱えつつ。それでもどうしても彼を諦められない方は恐怖心を取り除き、大切な彼をもう一度振り向かせてください。

あなたに必要なのは
5人中4人が復縁できる専門マニュアル

fukuen

小澤康二7Stepマニュアルが支持される理由

■小澤康二さんは18歳から始めた探偵業の経験をもとに探偵社「ファーストコール株式会社」を創業した復縁のプロです。
復縁依頼のニーズに応えるために復縁専門の「復縁屋1st」を立ち上げ実績日本トップレベルを保持 (現在は、ファーストコール株式会社、復縁屋1stは退職し、新たなチャレンジをしています。)
一人でも復縁可能な方法を開発し復縁マニュアル7stepを発売「日本一のマニュアル」と参加者、成功者から認められている複線専用マニュアルです。無料サポートもついていますので大切な相手と関係を修復に役立だててください。

123

123

>関連記事

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です