私は、遠距離恋愛で破局した彼女との復縁して同棲をはじめました

学生時代がら付き合っていた彼女と、卒業に伴っての就職のため、遠距離恋愛となってしまいました。

私は福岡県に就職し、彼女は宮崎県に就職しました。同じ九州ではありますが、九州は広いものです。私は福岡県の北部に就職し、彼女は宮崎県の南部に就職しました。

ちょっとそこまでという距離では到底なく、さらにお互い就職している身とあって、なかなか会う機会を設けることができませんでした。最初の一年間で会うことができたのはゴールデンウィーク、盆、正月の三回のみでした。
当初はこれじゃ駄目だと思い、メールや電話をお互い積極的に行って関係をつないでいましたが、仕事が忙しくなるにつれてそれも減っていきました。

遂に遠距離恋愛二年目の春、別れることとなりました。お互い変に相手のことが気にかかるし、会うことは難しいし、別れた方がお互いのためだという、合意の上での破局でした。

別れてからしばらくは仕事の忙しさのせいで悲しみさえあまりわいてきませんでしたが、数カ月たってから、失って初めて分かるありがたさというものが感じられてならなくなりました。

復縁を望む気持ちもありましたが、復縁したとてまた同じ結果になりはしないかと、なかなか先に進めませんでした。しかし未練の念を断ち切れず、ついに彼女に復縁を申し入れました。
彼女も私と同様の気持ちを抱いていました。復縁は叶いました。お互いに時間を積極的に作り、頑張っていこうと決めました。

今では彼女は仕事を辞め、同棲をしています。彼女はアルバイト、私は仕事で二人で生活するには十分な収入もあるし、この選択は間違っていなかったと思います。

別れた方がいいのはわかっている・・・
それでも大切な人を諦められない方へ・・・

fukuen

正直、復縁はとても忍耐力がいりますし、時間もかかります。

よく恋愛と復縁を一緒に考えてしまう方が多いのですが、はっきりいって恋愛と復縁は別のものです。

恋愛は相手をはじめて好きになる行為ですが、復縁は一度好きなた相手をもう一度振り向かせる行為です。

いくら気持ちを伝えたところで、あなたの事を知っている彼には響くものも響くわけがありません。

新しい恋を探した方が楽ですが、彼に新しい彼女ができてしまう恐怖心を抱えつつ。それでもどうしても彼を諦められない方は恐怖心を取り除き、大切な彼をもう一度振り向かせてください。

あなたに必要なのは
5人中4人が復縁できる専門マニュアル

fukuen

小澤康二7Stepマニュアルが支持される理由

■小澤康二さんは18歳から始めた探偵業の経験をもとに探偵社「ファーストコール株式会社」を創業した復縁のプロです。
復縁依頼のニーズに応えるために復縁専門の「復縁屋1st」を立ち上げ実績日本トップレベルを保持 (現在は、ファーストコール株式会社、復縁屋1stは退職し、新たなチャレンジをしています。)
一人でも復縁可能な方法を開発し復縁マニュアル7stepを発売「日本一のマニュアル」と参加者、成功者から認められている複線専用マニュアルです。無料サポートもついていますので大切な相手と関係を修復に役立だててください。

123

123

>関連記事

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です