高校時代には地元のクラスメイトの女子と付き合ってしましたが、卒業と同時に自身が他県の大学へ進学した影響もあって別れてしまいました。

自身の復縁経験について語りたいと思います。

高校時代には地元のクラスメイトの女子と付き合ってしましたが、卒業と同時に自身が他県の大学へ進学した影響もあって別れてしまいました。

大学に入りたての頃や2,3年生の時は勉強や部活面が忙しく、特にアクションを起こせず何もありませんでしたが、きっかけは大学4年生のときです。

 

大学院に行くことが決まり、授業も単位自体は取り終えていたので強制も少なく、部活も一段落していたので、比較的時間は多くありました。

その影響で、一人暮らしをしていたのですが、大学1年生~3年生の間はなかなか実家に帰っていなかったので、大学4年生になってからは実家に帰る機会が多くありました。

 

その時、よく昔から行っていた本屋へ寄ったらまさかの元彼女がいました。

 

そこで詳しくは覚えていませんが、お互いに驚いてけっこう話していた記憶があります。そのままメールなどもするようになっていきました。

良い感じになっていきましたが、別れたきっかけがやはりなかなか会えないことだったので、今のままでは、また別れてしまうだろうと思った自分は、強く攻めれないでいました。

すると、まさかの向こうから告白してきました。前のときは、わがまますぎたことを謝罪してきて、ずっと好きだったことも告げられました。自分も正直なところ、元彼女が忘れられずに別れてからは恋愛もしてこないでずっときたので、とてもうれしかったです。
これからは、忙しくなるかもしれないけど、生活自体には落ちて着いてきたこともあったので、今度こそうまくいかせてみせようと決意し、再び付き合うことになりました。
それからはずっとまだ付き合っています。

別れた方がいいのはわかっている・・・
それでも大切な人を諦められない方へ・・・

fukuen

正直、復縁はとても忍耐力がいりますし、時間もかかります。

よく恋愛と復縁を一緒に考えてしまう方が多いのですが、はっきりいって恋愛と復縁は別のものです。

恋愛は相手をはじめて好きになる行為ですが、復縁は一度好きなた相手をもう一度振り向かせる行為です。

いくら気持ちを伝えたところで、あなたの事を知っている彼には響くものも響くわけがありません。

新しい恋を探した方が楽ですが、彼に新しい彼女ができてしまう恐怖心を抱えつつ。それでもどうしても彼を諦められない方は恐怖心を取り除き、大切な彼をもう一度振り向かせてください。

あなたに必要なのは
5人中4人が復縁できる専門マニュアル

fukuen

小澤康二7Stepマニュアルが支持される理由

■小澤康二さんは18歳から始めた探偵業の経験をもとに探偵社「ファーストコール株式会社」を創業した復縁のプロです。
復縁依頼のニーズに応えるために復縁専門の「復縁屋1st」を立ち上げ実績日本トップレベルを保持 (現在は、ファーストコール株式会社、復縁屋1stは退職し、新たなチャレンジをしています。)
一人でも復縁可能な方法を開発し復縁マニュアル7stepを発売「日本一のマニュアル」と参加者、成功者から認められている複線専用マニュアルです。無料サポートもついていますので大切な相手と関係を修復に役立だててください。

123

123

>関連記事

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です