別れた元恋人から復縁を迫られていました。

わりと最近まで、僕は別れた元恋人から復縁を迫られていました。

別れて、もう二年が経とうとしているころ、突然毎日のように家にやってきて、「もう一度やり直したいの」と言ってきたのです。

しかし、僕らが別れたのは彼女の浮気癖が酷かったからなので、僕としてはもう関わり合いたくないと思っていました。

それでも、どうにかして食い下がろうとしてくる彼女を見ていると、漠然と「許してあげようかな」と思ってしまう自分もいました。

甘いことを言ってるんじゃない、というお叱りを受けたこともありますが、一生懸命振り向かせようとする彼女が健気に見えてしまい、そんな自分自身に動揺してしまったのです。恋愛に正解も不正解もないと思いますが、一体どのようにしていくべきなのか、正直まったくわからなくなってしまいました。

 

彼女の怒涛のアプローチは半年ほど続いたでしょうか。

あまりにも熱烈な彼女の様子に、次第に「復縁してもいいのではないだろうか」という気持ちが湧き上がってきていました。「よし、今日もやって来たなら、復縁することにしよう」そんな風に思っていた日、僕は休日を利用して街をぶらぶらと歩いていました。ウィンドウショッピングをしながら、復縁したら彼女にどんなプレゼントをしてあげようかな、なんて考えながら歩いていると妙に浮き足だってくるもので、ふと付き合い始めたばかりのころの淡い思い出が脳裏によぎり、何だか幸せな気持ちになってきました。

 

ところが、あるお店の前を通りかかったとき、あれだけ僕にアプローチをかけてきていた彼女が、ホスト風の男と腕を組んで歩いているのを見かけました。

僕は唖然として、その場に立ち尽くしてしまいました。
あの猛烈なアプローチは一体何だったのか。女心は変わりやすいと聞きますが、こんな変わりようがあるのか、と呆れて言葉を失ってしまいました。もっとも、度重なる浮気が原因で別れたのだから、ある意味、これが当たり前の結末だったのかもしれません。

その日も何事もなかったかのように僕の前に現れ、いつものような情熱的なアプローチをしてきた彼女。もはや絶句するしかありませんでした。僕が、「今日、君が男と腕を組んで歩いてるところを見かけたよ。どういう意味かな?」と訊ねたところ、彼女は突然怒り始め、わけのわからないことを言い放ち、帰ってしまいました。

その日以降、彼女がやってくることはなくなりましたが、今でも彼女の行動の真意がわからないままです。
これで、僕の身に振りかかった怖い話を終わりたいと思います。

別れた方がいいのはわかっている・・・
それでも大切な人を諦められない方へ・・・

fukuen

正直、復縁はとても忍耐力がいりますし、時間もかかります。

よく恋愛と復縁を一緒に考えてしまう方が多いのですが、はっきりいって恋愛と復縁は別のものです。

恋愛は相手をはじめて好きになる行為ですが、復縁は一度好きなた相手をもう一度振り向かせる行為です。

いくら気持ちを伝えたところで、あなたの事を知っている彼には響くものも響くわけがありません。

新しい恋を探した方が楽ですが、彼に新しい彼女ができてしまう恐怖心を抱えつつ。それでもどうしても彼を諦められない方は恐怖心を取り除き、大切な彼をもう一度振り向かせてください。

あなたに必要なのは
5人中4人が復縁できる専門マニュアル

fukuen

小澤康二7Stepマニュアルが支持される理由

■小澤康二さんは18歳から始めた探偵業の経験をもとに探偵社「ファーストコール株式会社」を創業した復縁のプロです。
復縁依頼のニーズに応えるために復縁専門の「復縁屋1st」を立ち上げ実績日本トップレベルを保持 (現在は、ファーストコール株式会社、復縁屋1stは退職し、新たなチャレンジをしています。)
一人でも復縁可能な方法を開発し復縁マニュアル7stepを発売「日本一のマニュアル」と参加者、成功者から認められている複線専用マニュアルです。無料サポートもついていますので大切な相手と関係を修復に役立だててください。

123

123

>関連記事

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です