私は別居した妻との復縁・関係修復をしました。

私は妻と11年前、どうしても上手くいかず、4年間別居しました。

当時は別居は一時的なものでこと、離婚することになると覚悟していました。私は当時、仕事が忙しくストレスが溜まっていて、妻の行動にもイライラしていたのです。

 

これ以上、妻にも嫌な思いをさせないためにも、別居した方が良いという判断でした。

子供も三人14歳、12歳、10歳で多感な年頃とは思いましたが、週末だけ戻ることを決め、別居に踏み切りました。この4年間が運命を変えました。

妻と離れてみて思ったことは、私は妻がしてくれることを、求めてばかりいたことでした。

私が妻に何をしてあげていたのか、そのことに気づきました。そ

して仕事のストレスで常に余裕のない私に、妻が何も切り出せなかったことに気付いたのです。

 

長男が就職で東京に行くことになり、妻と娘2人になることで、私は別居を止め家に戻りました。

それから7年になりますが、夫婦関係は修復しました。仕事でのストレスやイライラを家庭に持ち込まず、妻が楽にできる夫であることを今も心掛けています。

 

何も喋らなかった妻が、今でも何でも喋ってくれます。

復縁ということとは違いますが、別居から元の鞘に収まることも案外難しい思います。

でもそれは私が思うにチャンスなような気がします。

そのチャンスを活かせるかが別居や一度、離婚した時の活かし方、考え方の見直しの時間なのだと思います。それでもダメなこともあります。どうしても合わないこともあります。それであれば仕方がないと思いますが、そこまで真剣に努力しての結果でもないことの方が、多いように思えるのです。相手より自分を見つめることなのです。

別れた方がいいのはわかっている・・・
それでも大切な人を諦められない方へ・・・

fukuen

正直、復縁はとても忍耐力がいりますし、時間もかかります。

よく恋愛と復縁を一緒に考えてしまう方が多いのですが、はっきりいって恋愛と復縁は別のものです。

恋愛は相手をはじめて好きになる行為ですが、復縁は一度好きなた相手をもう一度振り向かせる行為です。

いくら気持ちを伝えたところで、あなたの事を知っている彼には響くものも響くわけがありません。

新しい恋を探した方が楽ですが、彼に新しい彼女ができてしまう恐怖心を抱えつつ。それでもどうしても彼を諦められない方は恐怖心を取り除き、大切な彼をもう一度振り向かせてください。

あなたに必要なのは
5人中4人が復縁できる専門マニュアル

fukuen

小澤康二7Stepマニュアルが支持される理由

■小澤康二さんは18歳から始めた探偵業の経験をもとに探偵社「ファーストコール株式会社」を創業した復縁のプロです。
復縁依頼のニーズに応えるために復縁専門の「復縁屋1st」を立ち上げ実績日本トップレベルを保持 (現在は、ファーストコール株式会社、復縁屋1stは退職し、新たなチャレンジをしています。)
一人でも復縁可能な方法を開発し復縁マニュアル7stepを発売「日本一のマニュアル」と参加者、成功者から認められている複線専用マニュアルです。無料サポートもついていますので大切な相手と関係を修復に役立だててください。

123

123

>関連記事

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です