私は、現在の主人と結婚する前、一度別れてから復縁したことがあります。


a0001_015205

 

私は、現在の主人と結婚する前、一度別れてから復縁したことがあります。

 

別れたその時は「もうだめだ」と完全に終わってしまったと思っていたのですが、思いがけず結婚することになりました。 私は23歳の時、当時付き合っていた元彼に婚約破棄をされたことがあります。

劇作家という不安定な職業だったため、当初は結婚は諦めていたのですが、多忙な彼のスケジュールを理解しようと努めたり、ご飯を作ったり交通費を出したり、いわゆる「尽くす女」でいたのでプロポーズされたのです。

ところが、真に受けて私が結婚資金のために貯金を始めたよと彼に告げると、不愉快そうに「そこまで本気にしないでほしい」とふられてしまったのです。

彼の中では「結婚しようね」は、単純な愛の言葉の1つに過ぎなかったようで、大変落ち込みました。

 

その後、お見合いで出会ったのが今の主人ですが、付き合い始めてたった2ヶ月で「結婚しようね」というではありませんか。私は過去にこういうことがあったので軽々しく結婚と言わないでほしいと怒りました。

 

彼は1年後くらいには本当に結婚したかったらしいのですが、それがもとで喧嘩に。 散々もめましたが、結局プロポーズは「されるもの」とイライラ待っていた自分がおかしいのだと気付き、謝罪と同時に逆プロポーズして、めでたく結婚しました。

 

大した女でもないのに偉そうにしていた自分がいけなかったのです。

 

彼からの正式なプロポーズの機会を逸したことは一生悔みそうですが、今が幸せなので、復縁できたことは本当によかったなと思っています。

別れた方がいいのはわかっている・・・
それでも大切な人を諦められない方へ・・・

fukuen

正直、復縁はとても忍耐力がいりますし、時間もかかります。

よく恋愛と復縁を一緒に考えてしまう方が多いのですが、はっきりいって恋愛と復縁は別のものです。

恋愛は相手をはじめて好きになる行為ですが、復縁は一度好きなた相手をもう一度振り向かせる行為です。

いくら気持ちを伝えたところで、あなたの事を知っている彼には響くものも響くわけがありません。

新しい恋を探した方が楽ですが、彼に新しい彼女ができてしまう恐怖心を抱えつつ。それでもどうしても彼を諦められない方は恐怖心を取り除き、大切な彼をもう一度振り向かせてください。

あなたに必要なのは
5人中4人が復縁できる専門マニュアル

fukuen

小澤康二7Stepマニュアルが支持される理由

■小澤康二さんは18歳から始めた探偵業の経験をもとに探偵社「ファーストコール株式会社」を創業した復縁のプロです。
復縁依頼のニーズに応えるために復縁専門の「復縁屋1st」を立ち上げ実績日本トップレベルを保持 (現在は、ファーストコール株式会社、復縁屋1stは退職し、新たなチャレンジをしています。)
一人でも復縁可能な方法を開発し復縁マニュアル7stepを発売「日本一のマニュアル」と参加者、成功者から認められている複線専用マニュアルです。無料サポートもついていますので大切な相手と関係を修復に役立だててください。

123

123

>関連記事

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です