遠距離恋愛から復縁したかった。これが私の復縁したかった恋の話です。


a0001_015181

 

私は高校時代に付き合っていた彼がいたのですが、私の進学とともに遠距離になってしまいました。

 

月に一度、こちらから会いに行ったり、向こうから来てくれることもありましたが、寂しくて寂しくてたまりませんでした。それは向こうも同じだったようです。

そしてどちらからともなく、別れることになりました。それでもお互いに連絡を取り合っていました。

 

いよいよ私が大学を卒業する年になり、地元での就職を考えていましたので、彼との復縁も頭の中にはありました。

私が地元へ帰りさえすれば、また彼と元の関係に戻れると勝手に思い込んでもいました。

 

けれど、地元へ帰った私が彼に会おうとしたところ、彼の隣にはすでに新しい彼女がいたのです。彼のことだから、彼女を大切にして、絶対に彼女が傷つくようなことはしないだろうと容易に想像できました。

 

私は就職先を地元にこだわらないことにし、地元から2時間ほどの街へ移り住みました。

友人からの情報で、彼が結婚し、子供が生まれたと聞きました。

「おめでとう」と言いたいような、どうして私を待っていてくれなかったのか、と身勝手な思いがあるような、なんとも言えない気持ちになりました。

 

今でも好きだけど、それはきっと離れたからだと思います。

付き合っていたら、今頃はどうなっていたかわかりません。そう思うことにしました。 これが私の復縁したかった恋の話です。

別れた方がいいのはわかっている・・・
それでも大切な人を諦められない方へ・・・

fukuen

正直、復縁はとても忍耐力がいりますし、時間もかかります。

よく恋愛と復縁を一緒に考えてしまう方が多いのですが、はっきりいって恋愛と復縁は別のものです。

恋愛は相手をはじめて好きになる行為ですが、復縁は一度好きなた相手をもう一度振り向かせる行為です。

いくら気持ちを伝えたところで、あなたの事を知っている彼には響くものも響くわけがありません。

新しい恋を探した方が楽ですが、彼に新しい彼女ができてしまう恐怖心を抱えつつ。それでもどうしても彼を諦められない方は恐怖心を取り除き、大切な彼をもう一度振り向かせてください。

あなたに必要なのは
5人中4人が復縁できる専門マニュアル

fukuen

小澤康二7Stepマニュアルが支持される理由

■小澤康二さんは18歳から始めた探偵業の経験をもとに探偵社「ファーストコール株式会社」を創業した復縁のプロです。
復縁依頼のニーズに応えるために復縁専門の「復縁屋1st」を立ち上げ実績日本トップレベルを保持 (現在は、ファーストコール株式会社、復縁屋1stは退職し、新たなチャレンジをしています。)
一人でも復縁可能な方法を開発し復縁マニュアル7stepを発売「日本一のマニュアル」と参加者、成功者から認められている複線専用マニュアルです。無料サポートもついていますので大切な相手と関係を修復に役立だててください。

123

123

>関連記事

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です