復縁したいと焦り別れた翌日に連絡を取ってしまうことは絶対にやってはいけない事です。


a0002_001518

 

 

自分では何の不満もなく恋愛していたつもりでも、いきなり別れを切り出されたり、ずっと付き合っているうちに本当に好きなのか分からなくなって結局別れてほしいと言われたり・・・恋愛には絶対はありません。

残念ながら別れることになっても、その後離れて冷静になって考えてみてまた復縁する人もいますが、そのような人はどのくらいの期間を経て復縁したのでしょうか?

復縁したいとあせってしまい、別れた翌日に連絡を取ってしまう人がいますが、これは絶対にやってはいけない事のひとつです。

また元の関係に戻りたい、忘れられたくない気ばかりあせってしまい、電話やメールをたて続けにしてしまうなどのストーカーチックな行動を取ってしまいがちですが、これは全くの逆効果です。

復縁をしたいと望むなら、別れ方によって連絡を取らない時間、これを「冷却期間」と呼びますが、ふたりの感情を落ち着かせるための時間が必要となります。

別れ方が穏便でふたりが話し合ったうえで、表面上は未練をみせない別れであった場合、冷却期間は1ヶ月~3ヶ月は置いた方がよいでしょう。

ここで注意したいのが、この冷却期間内に自分の方から連絡をしてはいけないということです。

連絡したい、声を聞きたいという想いは分かりますが、自分が相手に未練がある事を悟られてはいけません。なぜかというと、未練を見せた途端相手が油断して、他の人に目移りしたり、本命の候補から消されたり、あなたとの過去の恋愛を思い出して、当時の感情を思い出してしまう可能性がありますので、連絡するのは最低別れてから1ヵ月後は取るようにしましょう。

大ゲンカや自分の浮気などが原因で別れたのなら、冷却期間は長めに取る必要があります。険悪な状態で別れたのらならそれ相応の時間が必要ですので、3ヶ月~1年は置く必要があります。

この場合も上記と同じで、冷却期間内は連絡を取らないようにしましょう。”

別れた方がいいのはわかっている・・・
それでも大切な人を諦められない方へ・・・

fukuen

正直、復縁はとても忍耐力がいりますし、時間もかかります。

よく恋愛と復縁を一緒に考えてしまう方が多いのですが、はっきりいって恋愛と復縁は別のものです。

恋愛は相手をはじめて好きになる行為ですが、復縁は一度好きなた相手をもう一度振り向かせる行為です。

いくら気持ちを伝えたところで、あなたの事を知っている彼には響くものも響くわけがありません。

新しい恋を探した方が楽ですが、彼に新しい彼女ができてしまう恐怖心を抱えつつ。それでもどうしても彼を諦められない方は恐怖心を取り除き、大切な彼をもう一度振り向かせてください。

あなたに必要なのは
5人中4人が復縁できる専門マニュアル

fukuen

小澤康二7Stepマニュアルが支持される理由

■小澤康二さんは18歳から始めた探偵業の経験をもとに探偵社「ファーストコール株式会社」を創業した復縁のプロです。
復縁依頼のニーズに応えるために復縁専門の「復縁屋1st」を立ち上げ実績日本トップレベルを保持 (現在は、ファーストコール株式会社、復縁屋1stは退職し、新たなチャレンジをしています。)
一人でも復縁可能な方法を開発し復縁マニュアル7stepを発売「日本一のマニュアル」と参加者、成功者から認められている複線専用マニュアルです。無料サポートもついていますので大切な相手と関係を修復に役立だててください。

123

123

>関連記事

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です