私は一度は断りましたが、彼は離婚することになったので、復縁したいと言って譲りませんでした。

私は大学からニューヨークに住んでいました。
その大学で知り合った韓国人の男性と恋人同士になりました。
しかし、彼には、親同士が決めた許嫁がいたのです。
アメリカ国籍をもつ韓国系アメリカ人の女性と結婚することになって、私はびっくりしました。
私という恋人がいながら、他の女性と結婚した彼が信じられませんでした。
しかし、愛情はまだお互いにあって、ものすごくつらい思いをしました。

私は彼が他の女性と結婚してしまったのでは、もうどうしようもないと思って、一人になって、また新しいニューヨークの生活を始めることにしました。

それから、8ヶ月ほど経った時、彼から電話がかかって来て、会いたいと言われました。私は会いにでかけて行きました。
彼は、私を失って初めて、私の存在の大きさを感じたといい、復縁を求めてきました。
私は一度は断りましたが、彼は離婚することになったので、復縁したいと言って譲りませんでした。

彼は両親に私のことを話したらしく、許嫁との結婚生活が苦痛で仕方がないと訴えたそうです。
彼は徴兵から逃れて、グリーンカードを得るために、その女性と結婚したのです。

私は復縁を受け入れましたが、その時のことを思い出すと、復縁したことが正しかったのかどうか迷いました。

別れた方がいいのはわかっている・・・
それでも大切な人を諦められない方へ・・・

fukuen

正直、復縁はとても忍耐力がいりますし、時間もかかります。

よく恋愛と復縁を一緒に考えてしまう方が多いのですが、はっきりいって恋愛と復縁は別のものです。

恋愛は相手をはじめて好きになる行為ですが、復縁は一度好きなた相手をもう一度振り向かせる行為です。

いくら気持ちを伝えたところで、あなたの事を知っている彼には響くものも響くわけがありません。

新しい恋を探した方が楽ですが、彼に新しい彼女ができてしまう恐怖心を抱えつつ。それでもどうしても彼を諦められない方は恐怖心を取り除き、大切な彼をもう一度振り向かせてください。

あなたに必要なのは
5人中4人が復縁できる専門マニュアル

fukuen

小澤康二7Stepマニュアルが支持される理由

■小澤康二さんは18歳から始めた探偵業の経験をもとに探偵社「ファーストコール株式会社」を創業した復縁のプロです。
復縁依頼のニーズに応えるために復縁専門の「復縁屋1st」を立ち上げ実績日本トップレベルを保持 (現在は、ファーストコール株式会社、復縁屋1stは退職し、新たなチャレンジをしています。)
一人でも復縁可能な方法を開発し復縁マニュアル7stepを発売「日本一のマニュアル」と参加者、成功者から認められている複線専用マニュアルです。無料サポートもついていますので大切な相手と関係を修復に役立だててください。

123

123

>関連記事

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です