一度離婚した妻と復縁

覆水盆に返らずということわざがあります。盆からこぼれた水は二度と元に戻らないように、一度別れた夫婦は二度と元の鞘におさまることはないという話が古代中国にはあったとされています。

しかし、最近、離婚というものが昔ほど恥ずかしいと思われなくなったことに伴い、復縁というのも珍しくなくなってきました。

私は今年で50歳になる男性です。実は一度離婚した妻と復縁した一人なのです。

今から30年前、私たちは20歳で結婚しました。しかし今から思えば若気の至りだったかも知れません。血気盛んな年頃でしたから、ちょっとしたことでよくけんかをしました。最初はけんかしてもすぐに許せて仲直りできたのですが、だんだん気が短くなっていったのか、ちょっとしたことですぐに私が怒り出し、そんなことがあまりにも頻繁に起こったため、仲直りも何も、顔を見ることさえお互いいやになってしまいました。

まさに生理的に受け付けない状態になってしまったのです。

毎日、同じ家で暮らしながら全く口をきくこともなく、まるで仮面夫婦のようでした。そんな生活が半年ほど過ぎた頃、私たちはついに離婚することに決めました。まだ子供もいなかったせいか、比較的すんなり離婚を決断できたのです。

そのときは、これでお互い顔を見なくて済むという気持ちでせいせいした気分でした。そして、以後10年ほどは全く別れた相手のことを思い出すこともなく、もちろん連絡など取り合うこともなく、結婚していたことがまるでうそのように過ごしていました。

しかし、人生というのは必ずしも思うようにはいきません。

離婚後15年目の年、私は大病を患い1年間入院生活を余儀なくされました。実家の両親は遠く離れて住んでおり、兄弟も近くにはいませんでしたから、何から何まで自分でしなければならない生活でした。

元気なときはいいのですが、体が弱ると気持ちまで弱気になってしまいます。そんなときふと思い出したのが別れた妻のことでした。

もし携帯番号が変わっていなければと思い、ダメ元で電話をかけてみたところ、本人が出ました。

私は自分の状況を説明しました。すると驚いて翌日、病院に見舞いに来てくれたのです。私は本当に嬉しかったです。

それ以後たびたび彼女は見舞いに訪れては私を励ましてくれました。

それから1ヶ月後無事退院できた私は、過去の自分を反省し、あらためて彼女にプロポーズしました。

彼女はすぐには返答してくれませんでしたが、3日後、メールでYESの返事をくれたのです。こうして私たちは復縁することになったのです。今は私も落ち着き、温厚な性格になっていますのでけんかをすることもなく平穏に暮らしています。

別れた方がいいのはわかっている・・・
それでも大切な人を諦められない方へ・・・

fukuen

正直、復縁はとても忍耐力がいりますし、時間もかかります。

よく恋愛と復縁を一緒に考えてしまう方が多いのですが、はっきりいって恋愛と復縁は別のものです。

恋愛は相手をはじめて好きになる行為ですが、復縁は一度好きなた相手をもう一度振り向かせる行為です。

いくら気持ちを伝えたところで、あなたの事を知っている彼には響くものも響くわけがありません。

新しい恋を探した方が楽ですが、彼に新しい彼女ができてしまう恐怖心を抱えつつ。それでもどうしても彼を諦められない方は恐怖心を取り除き、大切な彼をもう一度振り向かせてください。

あなたに必要なのは
5人中4人が復縁できる専門マニュアル

fukuen

小澤康二7Stepマニュアルが支持される理由

■小澤康二さんは18歳から始めた探偵業の経験をもとに探偵社「ファーストコール株式会社」を創業した復縁のプロです。
復縁依頼のニーズに応えるために復縁専門の「復縁屋1st」を立ち上げ実績日本トップレベルを保持 (現在は、ファーストコール株式会社、復縁屋1stは退職し、新たなチャレンジをしています。)
一人でも復縁可能な方法を開発し復縁マニュアル7stepを発売「日本一のマニュアル」と参加者、成功者から認められている複線専用マニュアルです。無料サポートもついていますので大切な相手と関係を修復に役立だててください。

123

123

>関連記事

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です